BLANKFIELD

This is BLANKFIELD.

冬コミ色々

「もう28日かよ!サークルチェックしてねぇよ!」
という方も多いと思います。
僕です。
というわけで、宣伝およびオススメサークルの紹介と洒落込んでみます。
久々にまともに内容のあるエントリになるように、頑張って紹介して行きたいと思います。



Minstrel主催の聖剣アレンジコンピレーションアルバム。
YAMAGENさんが聖剣アレンジしてるだけで大興奮なこのCD。yutaくん、小骨さん、ノーザンさん、通天さん、ぴずやさんとそうそうたる面々。
そしてこんな豪華メンバーの中、僕も参加させていただきました。ラストバトルとStrange Medicineのいつもどおりメタルアレンジです。
Minstrelは東方ボーカルアレンジの新作(デモ版)も出すそうなので期待!



ついにハナヤさんがCDを出す・・・ゴクリ。
この2ビートだらけの爆走アルバム。僕にピンポイント爆撃してます。
permutation suicideを聴いてLightning Mirageを聴かない理屈はない!
手にするのだ!このアルバムを!



今や東方のエクストリームメタルアレンジといったらぺすぺすさん、この方です。
なんとなく多弦ギターを使ってヘヴィぶってみたアレンジとは一線を画す本格派。
今回はプログレッシブメタルアレンジということですが、今までより数段も和音の響きが美しく、キャッチーな仕上がりになってますね。超低音の研究っぷりがすごいです。



シンフォニック東方も4作目。龍さんのボーカルの上達ぶりが眩しいです。
そしてここまでしっくりくるアレンジを作る人もそうそういない。アレンジする上でなんちゃらメタルとかのスタイルに東方の曲を押し込めようとすると、どうしても無理が出てしまいますが、この安定感。
今冬も大合唱メタルで乗り切ろう。



ぴずやさんはどこまで行ってしまうのか・・・
色々なジャンルに挑戦して、どんどんその要素を取り込んで行く成長ぶりは恐ろしいです。
とんでもない音質もさらに進化しています。
ストリングスの打ち込みが素晴らしい。こういう音出したいなぁ。
そして何を言っても今回はメタル!メタルですよ。
YAMAGENさんも参加していて、どこまで僕をホイホイする気なんでしょう。



僕のゲームソングのメタルアレンジは鷹さんのギターサウンドに憧れて始めたようなものですが、CROW’SCLAW初のボーカルアレンジアルバムが出るとは、感慨深いものがあります。
オルタナティブ・メタルサウンドとあって、今回はメタルコア的なリフは少なめ、ボーカルを聴かせるアレンジになっています。
ヘヴィなCROW’SCLAWサウンドに自然にボーカルが乗っかっているというのは印象以上に難しい事だと思います。
霊知の太陽信仰の開放感が堪らないです。早くフルで聴きたい。



おのっちさんのゲーソンアレンジには以前から共感してばかりだったのですが、今回の東方メタルアレンジはいい意味ですごく裏切られました。
こんなに激しいメタルコア、デスラッシュ的なアレンジができる方だったとは・・・
美味しいリフが盛りだくさんでクロスフェードを聴いて終始ニヤニヤしてしまいました。



mcnさんの東方アレンジ、「有閑アリスの妄想」のリマスター版。
1曲目のメロコア的なアプローチにはもう頷くばかりです。
バリエーション豊かでスタイリッシュなアルバム。
そしてジャケットのアリスが可愛すぎる。恋しそう。



名曲ぞろいのスクウェアアレンジ。
ロックアレンジばかりなのが嬉しいです。
子午線の祀りがツボです。音質も素晴らしい。



大麻葉吸さんのランスアレンジ。
戦国ランスの長時間プレーで脳に染み付いたあの曲が生ギターでってだけで最高です。
本家ランスもクオリティの高い打ち込みギターなのですが、あの独特な音色をどうやって鳴らしてるんだろう・・・
とにかくギターの上手さに惚れ惚れ。



ふぉあぐら新作ですよあなた!
過去作のあの曲やあの曲も収録。
竹取飛翔のアレンジには病みつきになりました。今回のリマスタリングによってかなり迫力が増してますね。
ポップな中に潜む独特なエモさが僕の心をグッとつかんでから、2枚目となるフルアルバム。
デモを逃した人は入手せざるを得ない。



聴いてるとギター弾いてるのが恥ずかしくなるG5!
これだけ弾けたらもうそりゃ気持ちいだろうなぁ。
リスペクトが止まらないです。
こういうギターが凝ってる曲を聴くともうニーヤニヤしてしまうので鑑賞中は誰も僕を見ないで下さい・・・

僕もサークルチェック途中なので、だいぶ取りこぼしがありそうですが、こんなところで!
それでは、C79にてお会いしましょう。